薙刀館

Home > ウルトラマン > ウルトラ名の受け入れ方

2009.12.22 Tue ウルトラ名の受け入れ方

今回の映画で父と母の名が
「ケン」と「マリー」と発表されたわけなんですが
今放送している自動車のCMの
過去のCMと関係があるみたいです。

過去のCMについては
各々検索していただくとして
「ケン」と「マリー」という名に対して
あまりにもすかされた感じがした人が多々いるはず。

長年知りたかった名が
「ケン」と「マリー」かよ・・・と
僕も最初そう思いました。

でもよく考えて。
彼らの息子の名は・・・?

そうです「タロウ」です。

子が「タロウ」なのに
父と母だけ
ハイセンスで
今っぽい洋風で
おしゃれな名だと
逆に違和感を持ってしまいますよ。

それにあくまで
彼らの名も地球でそう呼ばれているだけで
言語もすべて
地球語の翻訳されてるだけなので
真の名はきっと別で
もしかしたら地球人では
発音できないものかもしれません。

パッと見さっぱり読めない
ウルトラ文字もその証拠の一つです。

いくらウルトラマン本人が
その名を名のったとしても
あくまで地球語で話している時点で
彼らの言語じゃないのは確かです。

そもそも
「ウルトラマン」という総称も
地球人が付けた名だと
マンガや公式であった記憶があります。

戦士へ・・・と
一人前になる為出張する
父曰く「かけがえのない星」は
彼らが守る宇宙の範囲の中には
きっと多々あるはずです。

なので
地球に来ていないから
知られていないけど
他の星に派遣している彼らは
きっと
その星では別の総称で呼ばれている・・・はず。

そこに駐在する戦士は
ルーキーとは言え
性格的にも優秀な人材のはずです。

「ホントは○○○○って名前なんだけどなー・・・。」と
心のどこかで少し憤りを感じつつ
彼らなりの現地人を思う気遣いで
受け入れているんでしょうし
文明発展途上人との接し方は
そう教育されているんでしょう。

つまり
ホントは
その名が気に入らず
我慢している度数が高いのは
我々より
彼らのほうかも知れないのです。


・・・というわけで
改めて
ありきたりな名でも
受け入れることにしましたが
どうでしょう。




何を真面目に・・・とあきれちゃいますか?
そうでしょうね。
僕もこの文書いてて
アップするのを何度もためらいましたし・・・(^^ゞ