薙刀館

Home > 日記 > ティム・バートン的世界観な気分

2010.01.30 Sat ティム・バートン的世界観な気分

昨年末以降の
「ヒピラくん」以降ずっと
ティムバートンの
「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」的な世界観の
ブームが続いてます。

昨年末の引っ越しが
ちょうど重なってて
視聴出来ない回があった
「ヒピラくん」の再放送が
2月にあるというのも
「ナイトメア~」の監督の最新作
「コララインとボタンの魔女」が
間もなく公開というのも
ブーム持続の後押しもなってます。

もちろん
ご本人の「アリス・イン・ワンダーランド」も
ものすごい楽しみです。

↓はこのひと月の間で一番の愛読書。
n_c_v.jpg



その他
「怪物王女」を再読したり
アニメの作画が良すぎたので
あえて読まなかった「ソウルイーター」も
読んだりしてました。

世界観とデザインが
めっちゃめちゃすばらしい
ドリキャスソフトの「COOL COOL TOON」を
このソフトの為にドリキャスを
今でも持っているので
久々プレイしたくなり起動させたら
ハードがご高齢のせいか
異様な音がするのであきらめ
仕方なく
ソフト内に入ってる設定画像などを
眺めたりもしてます。

あと
連日ティム・バートン作品を
視聴したみたり
t_b_dvd.jpg
創作の「プッピ」の新キャラを
10人ほど考えてみたりしてます。
(いずれ発表出来たらいいなぁ。)

自分のブームは
熱しやすく冷めやすいのですが
熱が上がっている期間だけでも・・・と思い
ブログのテンプレートを
変更してみました。
c_b.jpg



・・・というわけで
まだ「ドラクエⅥ」は
20分程しかプレイしてません(^^ゞ