薙刀館

Home > 日記 > 100分

2014.05.29 Thu 100分

自分はそういう存在を全く信じてないし
よく海外ドラマで登場人物たちが
「思し召し」とか「試されてる」とかほざくと
もし
このめっちゃ広い宇宙に奴が一人いたとしても
人間が細胞たった一つの事を気にしない様に
宇宙全体からしたら
それ以下の存在のちっぽけな地球の事なんて
全く気にしてないし
そんなちっぽけな地球だけでしか
信じられてない奴の存在のなんと小さい事か・・・とか
もしも仮に知ってても
奴はただ我関せずで傍観しかしないよ・・・と
思ってしまうんだけど
母が聖心女子大出身だったので
家に旧約聖書があって
奴の存在はファンタジーマンガの定番キャラなので
資料本になるかな・・・と
一人暮らしをする時に持ってきてて
後に読んでも
ちっともさっぱりちんぷんかんぷんだったんで
ずっと放置してたんだけど
録り溜めしてた「100分 de 名著」での
旧約聖書の4回を観て
当然全ての内容ではないけど
やっとこさ少し理解できたし
ちょっと面白かった。

個人的には
「エジプト神話」も「ギリシア神話」も
「北欧神話」も「古事記」も「聖書」も
「The Elder Scrolls」も同じで
ファンタジー創作として好き。

もし奴の様な存在がいるとしたら
宇宙誕生以前に存在したモノではなく
スタートレックの「Q」のとか
イデオンの「イデ」とか
格ゲーのヴァンパイアのパイロンとか
ウルトラマンノアとかの様な
宇宙誕生以後に産まれたモノだと思ってる。

何マジで語ってんのコイツ・・・と
思われても仕方ないけど
こういう超常な事を考えるのすごい大好き(*´w`*)

過去回の
「アラビアンナイト」と「古事記」が観たい!!